「未分類」の記事一覧

毛穴のセルフケアについて調べてみました。

未分類

毛穴の詰まりや汚れ、黒ずみは、要するに毛穴に角栓が詰まってしまうためです。で、鼻の角栓は、ついついセルフケアでどうにかできると思いがちです。

そこで、セルフケアで効果を得ることもできるのかもしれませんが、それはあくまでも正しい方法に基づくことが前提です。

逆に、間違ったやり方では、かえって毛穴のケアにとって、逆効果になることもあります。そこで、間違いやすい毛穴のセルフケアについて、調べてみました。

まず、いちばん簡単にやってしまうのが、長時間とか強い力でゴシゴシ擦ることです。
角栓のもとになる角質は、タンパク質でできているんですが、一般的なクレンジングや洗顔料では、皮脂は落とせるのですが、古くなった角質までは落としきれません。
なので、強い力でごしごしやるのは、得策ではありません。

肌に必要以上の圧力をかけることは、乾燥肌を助長してしまいます。過度な摩擦で、メラニンを活発化させてしまいますので、シミやくすみの原因になってしまうし、角質もさらに厚くなります。

また、過度の毛穴パックも要注意です。

毛穴パックは、簡単に毛穴ケアができるので、人気がありますが、しすぎると良くありません。毛穴パックは、肌へのダメージが大きいため、かえって毛穴を広げてしまうこともあります。それに、つい習慣になって、実際には毛穴に何も詰まっていないのに、パックをする人もいます。手入れのし過ぎで、肌トラブルを招くことにもなります。

それと、最近よくある炭酸美容液ってどうなのかを調べみました。二酸化炭素は、肌に吸収されることで、血管が広がり、それにより血液の循環が活発になります。なので、炭酸美容液は同様の仕組みで顔の肌の血行を促進し、さらに美容液に含まれる肌によい成分をしっかりと浸透させていきます。

ただし、美容液に配合された炭酸の肌への効果という点では、確固たるデータがなく、科学的根拠のあいまいなようです。

なので、炭酸系のコスメでは、毛穴の汚れやタンパク質の吸着作用をもつ、クレンジングタイプなどが効果的かもしれません。

また、炭酸は刺激があるので、乾燥肌、敏感肌の人や使ってみて肌が赤くなったりする場合は、すぐにやめましょう。

あと、豆乳発酵液配合の洗顔料も人気があります。でも、豆乳そのものには、毛穴の黒ずみを除去する作用はどうやらなさそうです。

乳酸やグリコール酸が主成分のピーリング剤の方が、より効果が期待できるかもしれません。

毛穴の詰まりなどを解消するには

未分類

毎日、洗顔していても毛穴が詰まってきたら、どうなるのかということですが、やはり毛穴のつまりが目立ってきます。
そこで、自宅で対応し、角栓を取る方法を紹介します。
鼻の毛穴の詰まりが多い場合、乾燥してしまうと潤いがなくなるため皮膚が硬くなります。そうなると放っておくと鼻の黒ずみが悪化します。原因は角質です。

まず、クレンジングです。鼻の毛穴の黒ずみに効果的なクレンジングを選ぶには、黒ずみが毛穴に詰まった皮脂が、やがて酸化したものなので、角柱をケアできるクレンジング選びがポイントです。

ただし、メイクも落とせるクレンジングオイルなどを日常的に使っている方は多いと思うので、できればクレンジング剤は使わない方がいいようです。

メイクを落とす際にも、鼻の角栓を落とせますので、メイク落としの洗顔料や石けんの選び方も大事です。自分の肌に合うものにしましょう。肌への負担が違います。

誤解が多いのが、鼻の角栓、黒ずみを除去するために毛穴パックやピーリングで除去しようとすることです。
たしかに除去はできるのですが、回数が多すぎると、かえって肌を傷め、毛穴が広がった状態になりやすくなり、さらに毛穴の黒ずみを悪化させてしまいます。

また、自宅でできるからといって綿棒とオリーブオイルで鼻の角栓、黒ずみを除去する方も多いと思います。
これは手軽なオリーブオイルでできるために話題になっていますよね。

はじめに温めたタオルなどで毛穴を開けておき、オリーブオイルを開いた毛穴部分に綿棒で塗ります。その後、しばらく置いておきます。その間に、皮脂とオイルが中和し、黒ずみや角栓が取れやすくなるというものです。

根本的に毛穴の汚れや詰まり、角栓の悩みを解消するには、角質を柔らかくすることです。クレンジング前のタオルパックやピーリングなどで角質そのものを柔らかくすることが大事です。

また、使っているクレンジングを見直したり、洗顔の方法も見直すことも大事です。

クレンジングは、毛穴の詰まりがひどい場合はオイルクレンジングなどがいいです。オイルクレンジングがどうもいう場合は、ゲルタイプもいいかもしれません。

毛穴の角栓は無理に取ってはいけないんです。

未分類

毛穴に詰まった角栓は、気になるとついつい指で押し出したりして、除去したくなりますよね。

けど、本当は無理に除去してはいけないんです。
というのは、鼻の角栓は、無理矢理に除去するほどかえって悪化してしまうからです。

角栓を無理やり剥がしたとしても、きれいになるのは、一時的で、その後は、もっとひどくなります。

パックやゴマージュなど、毛穴の角栓を取り除く毛穴ケアは、実は夢中になるほどに、肌のトラブルを招いてしまうんです。

角栓を除去すると毛穴表面の角質も、同時に剥がれてしまいます。

すると、ダメージを受けた毛穴は、代謝が活発化し、逆に角栓のできやすい状態になるんです。
とはいえ、気になるのが鼻の角栓です。

どうするのがいいのか?

実は角栓は自然に剥がれているものなのですが、気になる人も多いと思います。

けど、毛穴の角質はターンオーバーで、新しいものと入れ替わっていきます。

そこで、大切なのが、肌のターンオーバーを正常化することで、角栓は自然とはがれていくのです。

つまり、肌荒れを起こした状態を優しくスキンケアし、肌のターンオーバーを正常にしてあげることがポイントです。

そのためには、まず、洗顔です。洗顔料は、毛穴の角栓がタンパク質がメインなので、タンパク質を分解する酸素系、弱アルカリ性の洗顔料がおすすめです。

洗顔方法も、まずは、十分に泡立ててから洗い、熱すぎないぬるま湯で洗い残しがないように、十分にすすぐことです。

また、その後は保湿をしっかりと行うことです。

できれば、週に1、2回のピーリング洗顔をするといいでしょう。

クレンジングなどでこすったりしないことも大事です。

あと、美容効果のある化粧品成分としては、ビタミンC誘導体、コラーゲン、セラミド、
ヒアルロン酸などの保湿成分配合の化粧品もいいですよ。

自分でする自信がない場合は、エステのフェイシャルエステをしてもらうのもいいと思います。

初回お試しですと、数千円でできますからね。

毛穴の詰まりの原因

未分類

毛穴・・・気になりますよね。

とくに毛穴が汚れていたり、詰まっていたりして黒かったり、赤くなっていたりしてイチゴ鼻とか言われたり、指でおすとぶちゅっと脂がでてきたり。。。

 

女性にとっては、耐えられないことかもしれません。

とくに毎日きちんと洗顔しているのに、どうして毛穴が詰まってしまうの?

そんな疑問があると思います。

まず、毛穴につまる汚れは、角栓と言われるもので、角質と皮脂が混ざってできたものです。

でも、毎日しっかりとクレンジングや洗顔しているのに、どうして毛穴に角栓が詰まってしまうのかというと、原因はいろいろとあります。

まず、考えられるのが、皮脂の多さです。皮脂が多い肌質だと脂性肌って言われますが、このタイプの方は、角栓の原因となる皮脂の分泌が多いため、毛穴に詰まりやすくなるようです。

ただ、皮脂だけで毛穴が詰まるといったことはありません。

問題は、肌が乾燥していることです。一見、乾燥とオイリー肌は対極にあると思われますが、実は肌の乾燥は角栓が詰まる原因のひとつなのです。

肌が乾燥するとカサカサして、硬くなりますよね。水気がなくなりますから。

で、皮膚が固くなると毛穴の伸縮する力も弱くなり、どうしても毛穴が詰まりやすくなるのです。

で、鼻の周辺とか口の下付近って、どうしても乾きやすいし、皮膚が硬いです。なので、他の部分よりも角栓が集中しやすいのです。

そして、これに追い打ちをかけているのが、古い角質やファンデーションなどの汚れです。

いくらきちんとクレンジングしても、メイクの固形物が残っていると毛穴を塞ぐことになります。

しかも、肌年齢が高くなると代謝が悪いせいもあり、古い角質は自然に剥がれ落ちず、そのまま肌に残ってしまっています。

で、そこに皮脂、ホコリ、メイクの残りなどが混ざり合い、毛穴の詰まりが悪化していくわけです。

 

まとめるとオイリー肌、肌年齢のアップ、メイク汚れといったことで角栓ができやすくなるというわけなんです。

気をつけたいものですよね。

ページの先頭へ